人間が生きていく上で欠かせない酵素の種類と働きについて


酵素というのは、いくつか種類がありその働きも異なってきます。ただ酵素は人間が生きていく上で欠かせない物質となっております。

そこで酵素の種類とその働きについてご説明していきます。


酵素の種類その1 消化酵素

酵素と言っても、その種類はいくつかあり、それぞれ体に与える役割は異なっています。これらを知っているだけでも、健康やカロリーコントロールに関心のある方には大きな助けとなるでしょう。

そのひとつ「消化酵素」についてご案内しましょう。

消化酵素は、その名の通り、人間が取り込んだ食物を消化する働きをするものです。
食物は、消化を経て、人間にとって大切な栄養に変化します。

消化酵素にはいろいろと種類がありますが、よく知られている代表的なものは「アミラーゼ」です。これは、食物中のデンプンを消化し、ブドウ糖に変化させ、栄養として吸収させる働きを持っています。

また、脂肪を分解する酵素として注目されている「リパーゼ」も消化酵素のひとつです。このリパーゼは、血液の成分である胃液に備わっており、蓄積された内臓脂肪や皮下脂肪を減らす働きを担っています。

一般的に知られた酵素をもうひとつ挙げるとすれば、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」です。プロテアーゼは体内のタンパク質をアミノ酸に分解します。

また、胃腸の消化を促したり、腸内の老廃物を分解して腸内環境を整えたりと、胃腸の働きを助ける役割をしています。

人間は、こうした酵素のはたらきのおかげで健康に過ごすことが出来るのです。


酵素の種類その2 代謝酵素

体にとって外すことができない働きをする酵素には「代謝酵素」もあります。これは、その名の通り新陳代謝を促したり、免疫を働かせて病原菌から体を守ったり、病気を直したりする酵素です。

代謝酵素によって、生物は呼吸、血液循環、細胞分裂までとほぼそれらが機能するための鍵となっています。

ある科学者は、人間によって保持されている酵素の量と、寿命が比例すると主張しているほどです。また、代謝酵素は消化酵素と協力して、強い効き目を発揮します。

一例として油脂分の多い食事を摂取した時の、双方の酵素の関わりについて説明すると、

・脂っこい食べ物を消化すると、大量の消化酵素が必要となる
   ↓
・体の中の酵素が消化酵素として大量に消費されるため、代謝酵素の能力が落ちる
   ↓
・免疫力の低下を招く恐れ

病気や怪我をした時、そのの回復力が落ちるリスクもあるということです。
体にとって大切な代謝酵素を不足させないためには、消化酵素の浪費をしないことが肝心です。


酵素の種類その3 食物酵素

酵素の種類には、食物にしか含まれない「食物酵素」というものがあります。食物酵素は、とうぜんですが体の中にはなく、外部から摂取しなくてはなりません。

外部=食事ということになると、いかに食物酵素を上手に摂り入れるかが、健康的食生活の鍵となります。

食物酵素は、おもに生の野菜や果物に含まれています。また、一日の食事の半分を、こうした酵素が豊富に含まれている食材を使うようにすると良いと言われています。

酵素を有効に摂取する調理法は、「皮ごとすりおろす」が一番です。すりおろすことで細胞膜が壊され、酵素の活性化と共に体内に吸収されやすくなるというメリットがあります。

具体的な例としては、皮ごとすりおろした大根おろしは最大限に酵素を摂取することが出来ます。

近頃では健康に気づかう食生活をする人の間では「リビングフード」、「ローフード」という言葉が注目を集めています。これは、酵素を有効なまま最大限に摂取するため、できるだけ生に近い状態で食物を摂取する食事方法です。

酵素を上手に摂り入れて、毎日をイキイキと送るために、リビングフード・ローフードに注目してみてはいかがでしょう。


まとめ

酵素には消化酵素、代謝酵素、食物酵素があり、どれも生命維持部必要ということが分かります。

酵素を上手く摂取することで、今よりも体調もよくなりいきいきと毎日を過ごすことができるでしょう。

このページの先頭へ